保護者の方へ

なぜ子どもにプログラミングが必要なのか?

子どもへのプログラミング教育は、近年急速に注目が集まっており、世界各国では既にプログラミング教育が必修化されています。

「すべての人にプログラミングを学んで欲しい」

オバマ大統領も自らプログラミングの重要性を発言しています。アメリカでは、2020年ごろに100万人のIT人材が不足すると予測されており、日本でもプログラミング教育について義務教育化が決定しました。

また今後IT化が進むことで、10~20年後には日本の労働人口の49%が人工知能で技術的に代替可能になることが予測されますが、創造性・協調性が必要な業務は将来においても人が担うとされています。

プログラミングを学んだ人が全てプログラマーになるわけではありません。しかしプログラミング学習を通じてどんな仕事にも役立つ以下の3つのスキルが身に付きます。

プログラミング教育必修化

2016年5月19日に政府が発表した新しい成長戦略の素案には、小学校でのプログラミング教育必修化が含まれいていました。これはIoT(Internet of Things)機器から収集したビッグデータがAIによって分析され、その結果をロボットなどが活用する次の時代を「第4次産業革命」と位置づけ、新時代を生き抜く若者を育成するため、小中高校でプログラミング教育を必修化する、というものです。まさに官民一体のこのプロジェクトは今後の時代の流れを示唆しています。

小学校 2020年から
中学校 2021年から
高等学校 2022年から

論理的思考

物事を筋道立てて論理的に考えることができる

創造性

豊かな想像力と自由な発想を具現化することができる

問題解決能力

目前の課題を解決するための正しい手続きを導き出すことができる

IT企業が運営する子ども向けプログラミング教室

ミライトは、福岡のIT企業「アイテレス株式会社」が運営する、子ども向けプログラミング教室です。これからの未来を担う子ども達に、プログラミングの楽しさと技術を学んで欲しいと願い設立いたしました。

講師は現役プログラマーが担当しております。

アイテレス株式会社

会社名 アイテレス株式会社
所在地 810-0001  福岡県福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル1F
代表者 代表取締役 片野 明彦
設立
資本金 400万円
事業内容 システム開発
アプリ開発
ITコンサルティング
システム運用
ホームページ制作
プログラミング教室の運営
ホームページ

ひとりひとりに合わせた学習

ミライトではお子様ひとりひとりの理解度に合わせて学習を進めるため、寺子屋形式で授業を行っています。

一斉授業にありがちな授業内容についていけなくなるということがありませんので、楽しみながら学習を続けていくことができます。

ミライトの名前の由来

未来人

未来で活躍する人である子ども達。

未来 + IT

未来をIT技術で豊かにする。

未来 + LIGHT

未来を明るい光で照らす。