プログラミング体験レポート(2016年4月9日)

プログラミング体験風景(2016年4月9日)
プログラミング体験風景(2016年4月9日)

2016年4月9日体験教室を行いました。

体験教室では、基本的なブロックの説明後、簡単な課題を出して自分でプログラミングする時間を設けています。言われるままに作るのではなく、自分で考えることこそが大切だと考えているからです。Scratchでプログラムを正しく動かすためには、正しい順番で命令ブロックを積む必要があります。

行き詰っているお子様には手助けをしますが、多くのお子様は一生懸命考えながら、自分で課題をクリアすることができます。このような姿を見るたび、「子供だから、まだできない」と決め付けることなく、挑戦させていくことが必要なのだと実感させられます。